星空と山岳と竜巻の闇

あなたが考えている「お母さん」と、大多数の人が考える「霧」は、もしかしたら全然違うかも。そうやって想像してみると、ちょびっと面白くない?

雨が降る日曜の午後は散歩を

末端冷え性になってからは、若干辛いけれど、やっぱり寒い時期が恋しい。
外が乾燥しているので、カラッとした香り、それに加えてストーブのぬくもり。
寒い時期の日差しって豪華な気がするし、カメラを持って行った、早朝の海岸もきれい。
季節の空気を撮る場合は、一眼レフもいいけれど、トイで気持ちよくシャッターに収めるのがお洒落でかっこいいショットが見つかる。

気持ち良さそうに走る彼と季節はずれの雪
あんまり、ドラマは見ないが、ここ最近、それでも、生きていくを録画してから視聴している。
加害者側の両親と妹と被害者の親兄弟が会うことになってという話の中身で、普通は起こるはずがない流れだと思う。
被害者側の親兄弟と加害者の両親と妹のどちらの家族も悲しみに包まれている話が出されている。
流れの中身はめちゃめちゃ暗いのだけれど、その分、色づかいはきれいなようにされている。
花や自然の映像がとても多くて、牧歌的というのかきれいな映像がものすごく多い。
今後、流れがどうなっていくのか想像がつかないけれど、少しでも救いがある内容になっていたらいいなと思う。

笑顔で歌うあいつと私

蝉鳴き声もやんだ夏の日の晩。
少年は家の縁側に座って、スイカをほおばっていた。
かじっては西瓜のタネを外に吐いていると、ときおり種が飛ばずに、自分の体に落ちる時もあった。
傍に置いたかとり線香の匂いと、星のよく見える蒸し返す夜、それと口いっぱいの西瓜。
少年はそれぞれを感じながら、残りの夏休みは何をして遊ぼうか、と夜空を見上げた。

泣きながら泳ぐ先生と草原
購入した仕立てるために必要な布で、幼稚園にもう少しで行くわが子の入れ物を裁縫しなくてはいけない。
私の嫁が裁縫するとはいえ、俺もしたくないわけではないので、手間取っているようだったら手伝おうと考えている。
必要なものをしまう何かが園に行くためにはいるみたいだ。
ミシンもついに家に届いた。
使いごこちも試してみようと思う。

雲の無い平日の昼はビールを

村上春樹の作品が好きだと、本好きの人々の評判を教えてもらって、購入したのがノルウェイの森だ。
この文庫本は、日本国内外で多くの人に読まれ、松山ケンイチ主演での映画も公開された。
村上春樹の本は、テンポが良く、サクサクと読めてしまう所が好きだ。
直子と緑との両者の間でゆれる、主人公のワタナベは、まるで生死の間でゆれているように感じる。
生と死というテーマを取り除いても直子も緑も素敵だと思った。
そして、特攻隊や永沢さんやレイコさんという人物が加わる。
全て魅力があり個性的で陰の部分を持ちあわせている。
相当前に読んだ本だが無性にあのシーンが読みたい!と思い立ってページをめくったことが何回もある作品。
主人公のワタナベは直子に、お願いをふたつ聞いてほしいと頼まれみっつ聞くと答える。
素敵な返しだなと思った部分。
そして、直子がちょっとだけうらやましくなった。

のめり込んで熱弁する兄さんとオレ
とある夜遅く、私は当時付き合っていた恋人と、東京から高速道路を使って、サザンビーチに行った。
目的は、私のデジタル一眼で海を撮ることだったが、思うように写せない。
海は久々だったから、しだいに靴を脱いで海に入りはじめた。
しだいに飽きて、砂で棒崩しをしはじめた。
それまでは、絶対にそばに置いていたCANONの一眼レフ。
じゅうぶんはしゃいで、帰宅の中、ガソリンスタンドで私の一眼が見当たらない事に驚いた。
あきらめてマンションまで帰ってきたけど、しばらく、最高に切なくなった記憶がある。
数多くの写真が入ったお気に入りの一眼レフ、現在はどの場所にいるんだろう?

天気の良い祝日の午後に熱燗を

富士には月見草がよく似合うという有名な名言を書いたのは作家の太宰だ。
太宰はバスに乗り、御坂を通り、現在の甲府へ向かうところだった。
バスでたまたま一緒になったおばあさんが、「月見草」と独り言を言う。
その時、振り向いた太宰の目に入ったのが月見草、と、日本一の名山富士山だった。
富岳百景に記されたのこの部分は、富士山を話すときに欠かせないと思う。
多くの文芸作品にも登場する、3776mの名山だ。
どこからどう見ても、おんなじように整った形をしているために、八面玲瓏と言う形容がぴったりだと伝えられる。
その通りだと思う。
私が大好きなのは、中央高速道路から見る名峰富士だ。

どしゃ降りの水曜の午前は外へ
少し時間に余裕が作れたので、HMVに向かった。
新しくipodに挿入する音楽を探すため。
現在進行形で、かなり楽しんだ曲が西野カナさん。
だいたい聞いているのが洋楽。
ワールドミュージックもクールだと思っている。
ということで、今日は借りたのは、アリゼだ。
甘いヴォイスとフランス語がミステリアスだと思う。

気持ち良さそうに大声を出す友人と夕立

海がとっても近く、サーフィンのメッカとしても非常に有名な場所の近所に住んでいます。
だから、サーフィンをしている方はたいそう多く、会社の前に朝ちょっと行くという人もいます。
そのように、サーフィンをする方が多数いるので、誘われることがとてもあったのですが、どうあっても断っていた。
その理由は、私が、運動神経がにぶく、泳げないからだ。
けれども、泳げなくても大丈夫だと言われ、波乗りしてみたけれど行ってみたところは熟練者が行くところで、テトラポッドが左右に置かれていて、波乗りのスペースがごく狭い場所だった。
泳げない私は、パドリングをする筋力も少なくて、すぐに流されテトラポッドにたたきつけられそうになり死にそうになりました。

汗をたらして自転車をこぐあなたと失くしたストラップ
夜中、寝れないとなると、新作映画をはまって見るようにしている。
この前選んだDVDは、エスターというアメリカ映画だった。
主役の、エスターは、賢いけれど一風不思議な9歳の子供。
最後に驚くべき結果が見れる。
これを見る経過で、結末が予想できる人がいるか疑問なくらい予測不可能な真実。
というのは、ドキッとするわけでもなく、非常にゾクゾクとするような結末だった。
DVDは、毎回の私の毎晩の時を満足させてくれる。
と言いつつも、だいたいお酒一緒なので、体重が上昇するのが恐ろしい。

関連サイトやお役立ちサイト紹介


激安引越の業者比較
お得に引越したい?なら、ココから料金の見積もり比較をして、引越業者さんで1番安い激安なところを探そう☆
弁護士 司法書士 闇金 相談
闇金に関する問題は、ひとりで悩んでいても解決できません。司法書士や弁護士といった専門家に相談し、今すぐ解決へと向かいましょう。
Copyright (C) 2015 星空と山岳と竜巻の闇 All Rights Reserved.